お手入れ次第で毛穴は消せる|化粧品の効果で美肌を目指す

素肌をリニューアル

肌トラブルの原因の一つがターンオーバーの乱れによる角質の蓄積です。角質が蓄積するとシミやシワができやすくなり、さらに化粧水が浸透しなくなります。ピーリング石鹸は古い角質を溶かし、皮膚をリニューアルする効果がある石鹸です。

長くてきれいなまつ毛を

まつ毛を伸ばす方法には、保湿することが挙げられます。マッサージなどで目元の血行を良くしながら、保湿化粧品などを使用するとまつげが伸びやすくなると言われています。

朝の化粧時間短縮法

スプレーボトルに化粧水を移し替えるだけで驚くほどメイク前の保湿や夜のスキンケアが簡単になります。面倒臭くて毎日スキンケアをしないという方もこの方法なら毎日のケアも苦でなくなるはずなので、ぜひ実践してみてください。

キメが粗くなった時のケア

肌ケア

お手入れ次第で解消できる

年齢と共に肌にたるみが現れて毛穴が目立ってしまっても、化粧品を使えば改善できます。利用したいのは収れん効果のある化粧品であり、アーチチョーク葉エキスや塩化Na、イタドリ根エキス、コショウソウ芽エキス等が代表的です。特に塩化Naは化粧水やクリームやメイク用品等、様々な化粧品に利用されている成分であり、髪のキューティクルを整えるような作用も持ちます。加齢による毛穴の開きには肌の弾力を取り戻すお手入れも必要ですので、たるんだ皮膚をふっくらとさせる働きのあるビタミンc誘導体がお勧めです。ビタミンC誘導体は浸透率が非常に高く、肌につけた後の安定性にも優れています。美白対策の化粧品としても広く用いられており、肌の様々なトラブルを改善してくれる成分です。収れんケアや弾力を取り戻すようなケアを行っても毛穴の開きが改善されない場合、皮膚が硬くなっている可能性があります。古い角質が長い間留まると次第に皮膚は硬くなり、化粧品をつけてもスムーズに浸透させることができなくなりますので、フルーツ酸を使って古い角質を強制的に剥がすケアが必要です。古い角質を剥がすとは言っても細胞間の結合を緩めることにより自然に剥がれやすい状態を作るタイプですので、肌に負担をかけずに生まれ変わりを促進させることが可能です。特に肌細胞の働きが衰えている時には角質ケアが必要ですので、毛穴の開きを改善したい時には角質の状態をチェックする必要があります。